チリツモ。

楽しい一人暮らし。節約・料理・ライフハックなど。

MENU

郵便局に「寒中見舞い用の切手」を買いにいったら、「喪中用の切手」を渡された件。

今日は、切手を買いに郵便局まで出向いた チリツモです。

寒中見舞い=喪中??? 喪中用の切手というものがあるらしい。

窓口でワタシはこうリクエストしました。

  • 寒中見舞い用のハガキの切手がほしい
  • 普通切手がほしい
  • 5枚ほしい

そうしたら、やけに地味な柄の切手を渡されました。

後で知ったのですが、喪中用の切手があるらしいですね。
というかあるんです。

こういう柄よ。

www.shop.post.japanpost.jp

確かに、ウチは今年喪中ですが、
必ずしも、寒中見舞い=喪中 というわけではないと思うんです。
ただの寒中見舞いだってありますよ。

なんですが、ワタシの認識不足もダメなのですが、
早とちりした郵便局員さんもアレで・・・・orz
特に、喪中ですか?とかは聞かれなかったんですがね。

帰ってきてから、その「やけに地味な切手」を検索して、
「ヤッバ!!!」と思ったわけです。

まだ投函する前で良かったけど。
ひどいわーーーーw

郵便局のミステイクな場合も、交換手数料ってかかるのかしら?

明日、行って事情を話して、可能であれば交換してもらおうと思ってるのですが、この場合って交換手数料ってかかるんですかね???

ワタシ、特に「喪中用の切手をくれ」とは言ってないんですがね。

最悪、手数料(@5円ほどかかる)と言われたら、
普通切手を買い直して、喪中用はハガキ送料支払用に充てようかと思います。
5枚買ったから、25円の手数料って大きいよねぇ。

それにしても、急いでない時で良かったとしか。。。
これこそ、不幸中の幸い。

 

ではでは!

後日談

次の日に、また郵便局に出向いてかくかくしかじかと説明しました。
が、やっぱり交換手数料がかかるもようでした。

その日の内だったらかからないでやってもらえたみたいです。
でも閉店(?)間際に行ったから気が付いた時には窓口閉まってたんだよねぇ💦

で、選択肢としては2つありまして。

  1. このまま持っといて、後にゆうパック等の支払いに充てる
  2. @5円の手数料を払って、いますぐ普通の切手と交換する

1の方がロスがないのですが、ゆうパックなんてめったに使わないし、弔事用の切手なんてそんな手元に置いときたくないし・・・

ということで、しぶしぶ2にしました。

後学の為に聞いてきたのですが、切手を別のハガキの支払いに充てる事は出来ないんだそうで。(10通以上同時に送るなら可能らしい)

だめだこりゃー

なので、5枚交換したので、25円も余分なおかねが飛んでいきましたよっと。

皆さんも切手の取り違えにはご注意をば!
(ワタシだけ?)

 

ではでは!

 

 

 

 

広告を非表示にする