読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チリツモ。

1ヶ月7万円で生活するべくがんばるブログ

MENU

毎日のごはんは『一汁一菜』で充分満足!

ここ数年、『一汁一菜』という食生活をしている、チリツモです。

一汁一菜とは、ごはん、具沢山味噌汁、おかず1品とか漬物、で構成されている、ごはんです。粗末とは違います。シンプルと言って(笑)

こちらのサイトがよく書かれていますので、ご紹介しますね。

kokocara.pal-system.co.jp

 

テレビにも出演されていて、本も書かれている、土井先生の太鼓判つきです。
(正確には、チリツモの家にはテレビがないので、動いている土井先生を拝見したことはないのです(^^; ごめんなさい)

いや、土井先生が良いとおっしゃっているからだけではなく、自分でも数年作ってみてとっても良いことがあったので、一汁一菜はわたしに合っている調理スタイルだと思います。

 

  

どこが合っているかと思ったかですが、

  • 食の「型」が決まっているので、構成に悩まない
  • 汁物を豪華にすれば、特に粗食だー!ということもない
  • 作るのがラク
  • 片付けも少ないのでラク。

というところですかね。

 

もちろん、おかず付けたればつければ良いんですのよ。

ちなみに、今日のわたしのお夕飯は、
ごはん、キャベツと油揚げの味噌汁、肉じゃが、冷やしトマト
でした。

これで充分腹八分目です。別に小食なわけでもないですよ。

 

*    *

 

実は、ここにたどり着くのに、自分はちょっと数年くらいかかりました。

というのも、チリツモの実家は、父が品数が多くないと機嫌が悪くなる人だったので(今はそうでもないみたいですが)、家庭の不和はいつも食生活に関わることでした。

なので、食=悪とか楽しくないこと みたいな図式が精神の根底にありまして、ひとりで生活するようになって、どうしたもんか随分悩みました。

悩んだというか、当初は自炊をするという選択肢がありませんでした。
仕事が忙しくて自炊なんかする精神的余裕がなかったのです。

で、3食コンビニにしていたら、ある日、腕に湿疹ができました。
他に心当たりがなかったもので、ああ、コンビニの添加物に殺されるな、と思って自炊を徐々に始めていこうと思ったのです。

 

*    *

 

紆余曲折あって、今は、3食自炊の生活です。
せめて食生活だけは人生の主導権を握ろうと、自分で作っています。

が、毎度、品数多く作るのはめんどう!
しかも、食べるのあたしだけだし!

ということで、自然と、ごはんと味噌汁と小さなおかず、といったスタイルになっていきました。

最初に、一汁一菜という言葉を知ったのは、こちらの本からです。

 

シンプルな装丁の本ですが、一汁一菜のレシピのヒントが詰まっています。
これを読んで、ああ、これで良いんだ、と安堵したことを覚えています。

現在は、これも読みたいと思っています。

 

やはりこちらも読んでおかないとー!

シンプルごはんで腹八分目(七分目でもいいかも!)は健康の第一歩だと思います。

 

これからも続けたいですね。