チリツモ。

1ヶ月7万円で生活するべくがんばるブログ

MENU

片付けが本当に苦手な人の為のワン・ツー・スリー

散らかす人がいないのに、部屋が散らかるのねん・・・なチリツモです。
犯人はおまいだ!!!(と、自分を指さす)

わたし、ハッキリ言って、片付けは苦手です。
それでもやらないと部屋が片付かない!
ということで、片付けが出来ない人のための片付け法を自分なりに考えています。

片付けが苦手!でもやらなきゃ!な貴方に贈る、3つのステップ

f:id:tiritumo70k:20161029210953j:plain

本当に出来ない人(わたし含め)、踏むべきステップは3つあります。

その1:時間を区切る

まず、片付けを無制限にしないことです。
まずは、15分程度に区切ること。

15分が長すぎるのであれば、5分でも10分でもいいけど、時間をタイマーで区切ることです。

その長さの間に集中してやります。
逆にいうと、15分なら15分で撤収できる程度しかやりません。

これで、片付けは時間がないと!という思い込みも捨てられます。

その2:場所を区切る

出来る人は『今日はリビング全部!』とかイケるわけですが、我々片付けが出来ないひとは、そうもいきません。

『テーブルの上だけ』とか『引き出しの中だけ』とかに、場所を限定します。

ここだけやればいい!ということで、無限地獄とはおさらばです。
また、やった形跡がハッキリしているので、達成感もあります。

場所が狭すぎるですって?その場合は、コマ数を増やすのです!

その3:出す⇒分ける⇒捨てる⇒仕舞う、の動作に特化する

これは、わたしがお掃除の本で一番しっくりきた、小松易さんの提唱する片付け方です。

彼は、片付けは4つに分けると仰っています。
それも、

  1. まず、『出す』。エリア内のものを全部出す。一度空にする。
  2. 次に『分ける』。使っているモノと不要物を分ける。
  3. そして『捨てる』。不要物を捨てる。
  4. 最後に『しまう』。要るものだけ、所定の位置にしまう

です。極めてシンプルなので、個人的には小松さん方式、オススメです。

まとめ:目指す片付けは、インテリア雑誌に載っているような部屋ではない、ということ

ついつい、片付け=完璧に!とか、インテリア=雑誌みたいに!とか思うことはないでしょうか。

わたしは、それ以前のステップなので、雑誌なんかハードルが高すぎて目まいがします(笑)

とりあえず、『身の回りにあるのは必要なものだけ』を理想というか目標に、やりたいわけです。なので、この3ステップを回していこうと思っているわけです。

あ、もう一つあった。

『ステップ4:毎日やる』が抜けていました(^^;

もう、ルーチンにできたら、こんなにスバラシイことはありません。

毎日、『嗚呼、片付いてない・・・』と嘆いて、人生を送るのはうんざりです。
雑誌に載らなくていいから、スッキリ部屋にしたい!

そう思う、チリツモなのでした。

ではまた!